塾長ブログ

読解力を鍛えよう

夏期講座も80%の講座が終了しました。
受験に向けて真剣勝負の受験生も、プレゼンや読書感想文など、長期の休みだからこそチャレンジできる学びに挑んだ小学生も、それぞれが充実した夏を過ごせたのではないでしょうか。

8月27日には、ミニ発表会も開催されます。
プレゼンデビュー戦のお子様がほとんどの発表会となります。
今から楽しみで胸が高鳴ります。


「読解力を上げるにはどうしたらいいか」

私が保護者の方からお声がけいただく質問ベスト3に入るものです。


このアンサーには、段階があります。
まず、問題を解決するには、お子さんの実情をしっかり分析すること。
これが何より大切です。
漠然ととらえると解決策がブレてしまうからです。

「とにかくモチベーションが上がらない」
「文脈をつかめない」
「言葉がわからない」
「設問の意味が分からない」
「わかるけど記述式の解答ができない」
「スピードが遅くて追いつけない」

など、問題点を分析してみましょう。

低学年のお子さんの場合は、特に、親子で問題にトライすることをお勧めします。
読むスピードや、文章内の言葉の理解度、雑学的な知識を有無を保護者の方が把握できるからです。

一緒に線を引きながら読む。
読んだ後に、文章で論じられていたこと、または物語のストーリーを確認してみてください。
またはノートに書き出してみましょう。

わからない言葉が多い
語彙が少ない場合は、言葉のトレーニングを!

文章を読むスピードが遅い場合は、
音読を!

設問の取り違いが多い場合は、
設問の精読と解釈の確認を!

記述形式の解答が不十分な場合は、
模範解答を丁寧に書き出し、どこが足りないか、どこが異なっていたのか「自分の解答」と、比較を!

読解が苦手、と言っても状況は様々です。
キャッチボールしながら文章を読むことは大事。

わからないとき、自信を失っているときに
「どうすればできるようになるか」をご本人が見通せることが大事!
だと考えます。
方針はわからないままでは、進めません。

小学3年生でも、きちんと説明していけば「取り組み方」は変わります。
「なんとなくできる」は危険です。
早い段階で、正確な勉強の仕方を身につけましょう。

もちろん、時事問題の知識・雑学的な知識も重要です。
そのために、新聞購読や読書も楽しんでくださいね。

アルペにも、ぐんぐん力をつけて「国語が楽しくて仕方ない!」というお子さんが何人もおみえになります。
特に、この夏休みに、集中勉強をして、大きく飛躍しましたメンバーは、勉強が楽しそうです。

コツをつかんで楽しくなると、
課題の提出の仕方や勢いが変わってきますね。

勉強は、いつからでもスタートできます。
ぜひ、丁寧な勉強を続けてくださいね。

8月20日 
アルぺたかぎ


【2022年後期 9月1日スタート!】
小学1年生から中学3年生までの読解クラス受付中。
ぜひお問い合わせください。

 

関連記事

TOP