塾長ブログ

読書の効用

2023年 VOL1 2023年1月3日

中学受験の勉強をしていて、よく相談をいただくことの1つ。
「うちの子、読書が苦手なんです。」
「本を読みません。」

読書する習慣が、中学受験において大きなアドバンテージになることは言うまでもありません。

なるべく低い学年のうちから読書習慣がつけばそのアドバンテージはさらに大きくなります。

本好きになるために効果的な方法は“本にはまる”経験をすることです。

それがシリーズものや長編であれば、読了した際の達成感が自信となり、壮大な物語が終わってしまった寂しさが、すぐに次の本を読みたくさせますのでなお良いでしょう。

親子で、楽しく本を読む経験は、幼児期に作られます。
幼稚園や保育園時代の図書館通いは、黄金期!
この時期を逃すのは、本当に惜しいです。

どうしても、高学年になると
「宿題で読書カードがある!」
「読書感想文を書かなきゃ!」
「受験勉強のために、紹介された本を読まなきゃ」

になります。

できれば10歳までに、本の世界を楽しんでくださいね。

冬休みは絶好のチャンス。
読書日記を忘れずにつけてくださいね!

アルペ たかぎ

関連記事

TOP