fbpx

塾長ブログ

季節を感じることは、学びの入り口

10月になりました。
旧暦では、神様が天上での集会のために地上を留守にするといわれていた「神無月」です。
現在使われている新暦は、太陽が基準なのに対し、旧暦は、月の満ち欠けが基準だったので、現在とは季節のずれがあります。
お子さんたちと俳句の季語を勉強していると、春夏秋冬の季節の区切りが現在と異なるので、「テストで間違えてしまった!」ということもあります。
昨日の6年生の授業では、小説の中にも出てくる「季節感」に敏感になろう、という話をしました。
空模様や植物や昆虫が登場することで、それが季節感を表し、時の経過を表します。
読解の面でも大事な要素です。
「蝉の声」といえば夏。
「コオロギの声がする」といえば秋。
それでは、
「学校の帰り道、あけびが実っていました」はいつ?
というと6年生は意外にわかりません。
秋の果物といって、70%が最初にイメージするのは「柿」だそうですが、
「あけび」や「いちじく」も秋の果物です。
また、
「きんもくせいの香りがする道を、お母さんと笑顔で歩いた」が
豊かにイメージできて、
「秋になるといい匂いがするよね」
と答えるお子さんもいれば、
「キンモクセイってどんな木だ?」
と眉をひそめるお子さんもいます。
こういったものも、読解には必要な背景知識で、点数の差になって現れます。
理科の勉強として覚えるのではなくて、教養としても
身に着けていきたいことの一つですね。
最近は、促成栽培もあり、野菜にも季節感を感じにくくなりました。
それでも、授業では「お夕飯で出る野菜の変化」や「焼き魚は何を食べたか?」
という話を楽しんでするようにしています。
すると、「サンマの値段が1200円って驚くよね!」と、話題は時事問題に広がっていきます。
では、サンマの値段がこんなにも高いのか……。
ものの値段はどのように決まっていくのか……。
話は尽きませんが、日々の生活の中に、知識を深める要素が詰まっています。
今日も、素敵な学びを!

10月1日
アルぺ記述読解教室 たかぎ

コメント

この記事へのコメントはありません。