都立中学の適性検査では、
”作文力・記述力”が欠かせません。

都立中学で実施される試験「適性検査」では、
”作文力・記述力”が必要不可欠です。
でも、これらの力は一朝一夕に身につくことはありません。

こんなことで悩んでいませんか?

都立中の対策をするご家庭は以下の壁にぶつかってしまうことが多いです。

作文が書けない。

学校の読書感想文や意見文など、そもそも作文を書くことができないし、その機会も少ない…。

使える語彙・表現が少ない。

作文を書くときに必要な語彙力・表現力が低くて、上手な作文が書けない…。

丁寧な添削をしてもらえない。

丁寧な作文をしてもらえないため、どこを直せばいいのかわからない…。

対策の仕方がわからない。

適性検査が特殊なため、どうやって対策をすればいいかがわからない…

都立中学を合格するには、
”適性検査”の勉強が必要です。

都立中学に合格するには、”適性検査”に対応できる力が必要です。
教科で分かれており、知識があれば解ける私立中学の問題とちがって、適性検査では、作文力・記述力はもちろん、読解力や思考力も求められます。

アルペ記述読解教室
「都立中学受検コース」
の3つの特長

都立中学受験コースでは、
大手塾や家庭学習ではマネできない
国語専門塾ならではの指導をします。

作文指導歴15年以上の
プロによる指導

都立中学受験コースでは、
作文指導歴15年以上のプロが指導します。
作文が書けないお子さんはもちろん、より自分の作文に磨きをかけたいというお子さんでも大歓迎です。
それぞれに合った指導・添削をおこないます。

1人ひとりに合わせた
きめ細やかな添削指導

きちんとした添削は大手塾でも少なく、
親がやってあげることもむずかしいです。
でも、しっかりとした添削指導がないと、
作文や記述は上達しません。

都立中学受験コースでは、
1年間に3,000枚以上の添削実績があるプロが、
あなたのお子さんの記述や作文を丁寧に添削します。

過去問10年分以上の分析と
志望校に特化した対策

アルペ記述読解教室には、
各都立中の過去問が約10~15年度分あります。
また、都立武蔵中学・都立三鷹中学など
過去に合格者も輩出しております。
過去問の分析データと経験で都立中合格へと導きます。

合格者の声

  • R・Hくん 都立小石川中 合格

    練習校を受けていたこともあり、あまり緊張はしませんでした。前日特訓で、富所先生に「とにかく無関心で!」と言われたので、周囲のことは気にせず、自分の世界に入ることができました。 受検独特の空気にも飲まれることなく、最善を尽くすことができました...

  • Y・Kくん 学芸大学附属国際中等教育学校 合格

    ■その志望校に決めた理由はなんですか? 英語が伸ばせそうだったから。(※小学校でもインターナショナルスクールで頑張っていましたね) ■入試当日のあなたの心境や様子を詳しく教えてください。 とても緊張した。 ■掲示板(ホームページ)で自分の番...

  • A.Fさん 都立富士中 合格

    6年生の7月からの受検勉強でした。 栃木県に住んでいたので、どのような勉強をしたらいいのか分からなく、困っていました。 そんな時、父がアルペ進学塾を見つけてくれました。 最初は作文を全く書けなかったのですが、高木先生のアドバイスのおかげで「...

  • Y・Hさん 都立武蔵中 合格

    アルペでは、過去問の解説を分かりやすくしてもらえたので、その解説やアドバイスが合格の上で重要になったと思います。 記述・読解に関しては、作文の添削や問題 1 つ 1 つに対するアドバイスが細かくて、分かりやすかったです。 そのため、学校では...

もっと読む