fbpx

明明中学入試に特化した国語の授業を行います。
明明中合格を目指す6年生、難関中学入試合格を目指す5年生におすすめの講座です。

①国語の全体としての問題傾向
読解問題に重点が置かれている

明大明治の国語は、読解問題が1題、ことばの知識問題が1題、漢字が1題という出題構成になっていましたが、ここ数年の傾向として、2015年からは長めの読解問題が1題、漢字が1題という構成に変わっています。設問は読解に関しての問題が大半で、書かれている内容を
順序よく整理し理解することが必要です。

②長文問題
理由や根拠を問われる問題

長文読解問題に関しては、内容把握や内容理解の問題が頻出です。「なぜか」「どういうことか」という設問に答えられるように、
文脈を抑え、理由や根拠を正しく読み取る力を身につけておくことが大切です。明明の国語は10000字を超える文章量となっています。
文章を読み解く力と速読の力の両方を鍛えましょう。

③記述問題
記述問題が合否の鍵

明大明治の国語で勝負を分けるのは、やはり比重の大きい記述問題の対策です。過去には自分の言葉で記述させる問題も出ています。
入試傾向を意識しながら、自分の言葉で記述できる力を養う必要があります。字数制限がある場合には、言い換え等を駆使して字数内に
おさめるテクニックも養っておくと良いでしょう。

④漢字、語句
漢字・知識問題を確実に取るのが合格条件

明大明治の国語で合格点を取るには、後半にある、ことばの知識、漢字の書き取り問題を確実に取ることも必須です。
2017年を例に挙げると、「衛星」「興奮」「辞職」など、基本レベルの問題がほとんど基礎固めをしっかりしておきましょう。
近年では、出題はありませんが、ことばの知識については、慣用句・ことわざから擬態語や熟語のなかの漢字の意味を問う問題まで、様々な問題が
出題される可能性があります。問題集などで、幅広い問題に触れておくことが大切です。

明大明治中学校の国語で合格点を取るには、こうした入試問題の傾向を踏まえた上で、志望校対策を講じていくことが必要です。

講座の特徴

明明の過去問を使用した添削ZOOM授業

長年の経験指導経験のある講師が、実際の明明の過去問を使用
して解説を行います。直接添削指導を行うため、記述に自信が
つきます。

講座内容

正しい指導を受けることで、
点数を伸ばすことができます。

明明は、記述対策が必要な学校であるため、正しい指導を
受けることで点数を伸ばすことができます。
・明大明治中の読解を、6年前期から対策します。
・講座の前半は、文章の読み方の指導中心
・後半は、設問に対する解答の仕方を記述問題中心に
指導します。

授業の流れ

1個別にご自宅で解いていただいた答案を送付して頂きます
2添削して返却いたします
3添削を踏まえて、解説授業を行います
※受講前に試験があります