アルペ記述読解教室での辞書活用!

4月も中旬ですね。

学校生活が始まっていかがでしょうか。

最初が肝心ですから、1週間の生活スタイルを確立してほしいと思います。

さて、アルペ記述読解教室のお話です。

本日、保護者の方とお話していた際にいただいたコメントで、

「びっくりするくらい、国語辞典をスムースに扱うようになりました」

といううれしいお言葉をいただきました。

アルペでは、記述の授業の際、国語辞典を持参することが必須になっています。

もちろん、語句を調べるためです。

授業のメニューの中にある、「短文作り」では、辞書で意味をしらべて、自分で例文を考えるという取り組みをしています。

はじめは、なかなか思いつかない子も、徐々に上手になってきます。

2月から新しく記述講座を始めたお子さんは、取り組みも3ヶ月目になり、少しずつ前進してきています。

毎週10個づつやりますから、1か月で40個。3か月で120個。半年で240個です。

そのたびに辞書に印をつけていきますから、これは、かなりの分量が蓄積されていくわけです。

また、それ以外の場面でも積極的に辞書を使うように指導しています。

たとえば、作文を書いていて字がわからない時。

漢字の練習をしていて、熟語の意味がわからない時。

読解中にわからない言葉が出てきた時。

どんな場面でも、辞書はとても大事な役割を果たします。

だんだん辞書に愛着がわいてきます。

「世界に一つだけの自分の辞書」ができるわけです。

今日、お話した保護者の方にも、辞書を活用できるようになったことを喜んでいただけましたが、これからもこの勉強を続けて、国語のトレーニングに励んでいきたいと思います。

アルペ進学塾 塾長 高木

関連記事

  1. 3月6日 新学期 アルぺ記述読解教室 順調です!

  2. 計画的に勉強をしていくためには?

  3. 2011年9月22日 朝日小学生新聞へ掲載!

  4. 全員正解!

  5. 適正検査Ⅱの資料問題で使えるワンポイントテクニック

  6. 9月11日 記述講座 新聞応募作品への取り組み

  7. 「心情表現作文」である、ありがとう作文への取り組みをやってみて・・・

  8. 9月5日水曜日! 2学期忙しいですね!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。