9月19日 記述力をあげるために……

9月18日
毎週楽しく「アルペ記述読解教室」の授業をしています。
毎回、予想外の楽しい出来事があり、みんなの生き生きした表情が印象的です。
今週は、八月の「創作文」の優秀者発表をしています。お話の続きを考える練習です。
そして、九月の「創作文」に取り掛かっています。
「ピノキオ」の書き出しを読んで、別のお話を考える練習です。
出来上がった木の男の子に名前を付けてストーリーを展開していくのですが、これが、十人十色で面白いものばかりです。
400字という字数制限の中で、ストーリーを終結させるのは技術を要することです。
最近は、「創作文」といっても、書いた生徒の人間性や、日常生活の様子が反映されていることによく気づきます。それぞれがどんなことに関心があるのかが表れています。ぜひ、保護者の方にも読んでいただきたいです。

また、「うちの子はまったくひらめかないのでどうしたらいいか」というご質問もいただきます。

「練習」、「習慣づけ」しかありません。そして楽しむことです。
その日あった出来事の簡単なメモでもかまいません。日記をつけましょう。そして感想を書きましょう。また、お話を読んでどう思ったかを綴りましょう。少しずつメモするだけでも表現の練習になります。

私の姪も小学校1年生ですが、毎日、日記を書いていて、帰りが遅いお父さんがそれを読んでお返事を書きます。きっとそのお返事がうれしくて、また書くのでしょうね!

何事も積み重ねですね。

さあ、みなさん始めてみてください。

アルぺ
高木

台風が心配ですね……。

関連記事

  1. まったく書けない作文テーマに出会ってしまった時の対処法

  2. 短文を作って難しいことばを覚えよう!

  3. 3月6日 新学期 アルぺ記述読解教室 順調です!

  4. 作文のトレーニング!がんばろう!

  5. 6月23日の朝日小学生新聞に掲載されます!

  6. 9月16日火曜日 時事問題に興味をもとう!

  7. まったく書けない作文テーマに出会ってしまった時の対処法

  8. 作文において、表現力を身につけるためには?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。