9月5日 2学期も記述講座はホットです!

毎日暑いですね!
今週から始まった2学期。
明日で一週間が終わりですが、みんなこの一週間は長かったのでは!

中学生は「夏休みに戻ってもっと勉強時間を確保したい!」
小学生は「学校が始まって楽しい!夏休みは半分でいい!」

などなど、みんなの感想は様々なようです。

2学期の「アルぺ記述読解教室」も楽しく始まりました。
毎週みんな記述の時間をとても楽しみにしてくれているのがうれしいです。

今月のテーマは、読解は「物語」
作文の勉強テーマは「発想力」を鍛える!です。

夏休みの講座でとりくんだメンバーもいましたが、昨日の記述教室Bチームの授業では、「お話の続きを考えよう!」に取り組みました。

お話の書き出しは、高木が読みます。
「みにくいあひるの子」の書き出しです。

読み始めると
「あ~どの話知ってる!」
となります。

でも、知っていることに「先入観」をもってはいけません。あくまでも自分で考えるのです。

一匹だけ黒いあひるの子が生まれました……。

そのあとを考えるのです!

たくさんの楽しい作品が生まれました。
お話しコンテストとして、優秀作品を選びたいと思います。

ひとつ紹介しますね

「この子は何の鳥のひなかしら……そうだ!私の持っている図鑑で調べましょう!」
あひるのお母さんはさっそく図鑑で調べました。
「黒い日なの鳥は、え~と、あった!氷の鳥ね~。え~すごいわ。幻の氷の鳥なんて。はやくお母さんのところへ連れて行ってあげなくちゃ。」

そして、あひるの家族は、氷の鳥のお母さん探しの旅に出たのです……

まだまだお話は続きますが、この続きは「アルペだより」でお伝えしたいと思います。
10人が書けば10通りのアイデアがあります。
しかも限られた時間の中で、限られた時数に「結末」を入れなくてはなりません。
なかなかハードルは高いですが、本当にみんな「楽しんで」取り組めるようになったことをうれしく思います。

2学期も頑張りましょう!

9月5日
アルぺ高木

関連記事

  1. 漢字を鍛えよう!

  2. 作文において、表現力を身につけるためには?

  3. 5月4日 明後日6日は記述読解教室のイベントです!

  4. 小学生 アルペ読解記述講座!

  5. 作文の秋ですね!

  6. まったく書けない作文テーマに出会ってしまった時の対処法

  7. 都立小石川中等教育学校に合格! 2008年2月9日

  8. 6月23日の朝日小学生新聞に掲載されます!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。