都立小石川中等教育学校に合格! 2008年2月9日

うれしいです!

「都立小石川中等教育学校」合格!

今日は中学受験の締めくくりの日。
私立中学の発表は終了しましたが、都立の発表を今朝に控えていました!

今年は「都立小石川中等教育学校」を第一志望にしている子と一緒に頑張ってきました。模擬試験の結果に一喜一憂し、併願する滑り止めの私立中学に悩み・・・。勉強がスムーズに進まないと言って涙し・・・。

2月初めに併願の私立中学に合格はしていたものの、
なんと言っても「小石川」は偏差値60以上の都立名門であり、倍率が10倍近く。
難関であることは間違いありません!

今日まで緊張しました。絶対に合格するとは思っていましたが。

入試の日、アルペに戻ってきた彼と、問題を広げながら答え合わせをしました。自信のない子だったら、そんなことはさせません。気持ちが沈むだけですから。でも、彼とは、これまで培ってきた信頼関係もあり、内容をじっくりと振り返ることができたのです。300点満点中、20点分の空白を残してしまいました。何とも悔やまれました。ただし、他の問題に関してはほぼ書けているという感触でした。

結果は「合格」

さきほど、満面の笑みでアルペにお父様と一緒に来てくれました。

安心しました。

「記述力」で競われる入試問題。
1年間、添削し続けてきました。
「書く」→「添削する」→「2回目として書く」→「2回目の添削をする」…。

記述に関しては、「何を書いていいかわからない」というところから始まり、「どう書いたらいいかわからない」「自己採点できない」などのステップを踏みます。

本人が書いたものを、少しずつ模範解答に近づけていく作業です。
1年間、本人も私たちも全力を尽くしました。忙しいスケジュールの中、私立受験の勉強とんぼやりくりを、よく頑張ったと思います。

彼の今日の笑顔は最高でした!

この方法の指導は、私たち「個人塾」の「少人数指導」でしか実現しないものです。
自信を持っています。
生徒一人一人が、少しずつ上達してくるのを実感しながら授業が進んでいきます。

新年度「都立中高一貫校コース」を新設しました。
2月から開講しています。
新5年生新6年生のクラスがあります。

「少数精鋭」で進めます。
来年度以降は、ご近所の「都立武蔵」を真剣に目指す受験者も増えることでしょう。

さまざまな受験があると思いますが、
アルペは、それぞれの自己ベストを目指します!

また来年の受験に向けて全力を尽くすのみです!

2008年2月9日
塾長 高木

関連記事

  1. 2011年9月22日 朝日小学生新聞へ掲載!

  2. 5月4日 明後日6日は記述読解教室のイベントです!

  3. 9月26日 記述講座での一分間スピーチ!

  4. 「心情表現作文」である、ありがとう作文への取り組みをやってみて・・・

  5. 話し言葉と書き言葉は関係してる!?語彙力が乏しい子どもの特徴とは。

  6. サンタクロースは実現するのか?

  7. 夏期講座 はりきっています! Aターム特訓中!

  8. 適正検査Ⅱの資料問題で使えるワンポイントテクニック

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。