記述を書けるようになるには・・・

高校生の期末テストもそろそろ終わりです。
今週に入って、高校生の自習室に来る数がかなり減りました。

羽を伸ばしているのかな・・・。

6年生、中3生、高3生はそんなことも言っていられません。

私達は、毎日、受験生の学習状況がどこまで進んでいるかを
ミーティングして一日が終わります。

今日は高校3年生の数学。東工大の数学対策がかなり仕上がってきた、
と報告を受けて、やや安心しています。

私が担当している記述。

ハードルはなかなか高いです。
短期間で直せるもの、というより、
本人の人間性や癖がそのままにじみ出るものなので
生徒はかなり苦労しています。

日進月歩。
100題解いてやっと1ステップ上がれます。

誤字脱字が多い場合、きっちり直すのに1年はかかる、という
人もいます。

アルペは「記述」「作文」の指導に今全力で取り組んでいます。

自分の考えを明確に表現できるかどうかは、人として大切なこと。
大人でも重要です。

正確な表現力、文章の書き方を学んでいるかどうかは、
他の科目にも大いに影響しますよね!

入試だけが勉強のゴールではありません!
でも目の前の目標は、なんとしても達成して欲しい!

明日からも厳しい特訓は続きます。

みんな頑張ろうね!

関連記事

  1. 2月4日 2014年前期の授業が始まりました!

  2. 9月19日 記述力をあげるために……

  3. 適正検査Ⅱの資料問題で使えるワンポイントテクニック

  4. 小学生の記述力アップのために!

  5. 作文において、表現力を身につけるためには?

  6. 「ありがとう」から広がる視野

  7. 他の学習塾ではやらない、アルペ記述読解教室の4つの特有課題

  8. 11月20日 アルぺ記述読解教室から・・・・・・

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。