小学生の記述力アップのために!

最近の中学受験では、記述力をためされる問題が増えています。

今日も6年生で「記述特訓」を実施しました。

①きちんとした漢字で書ける

②文のきまりに則って書ける

③語彙力がある

④問題文の意味を把握している

⑤必要事項が全部含まれている

などなど、採点にはいろいろな要素が含まれます。

記述問題は、個人で勉強を続けていてもなかなか伸びません。

添削してもらうのが最も重要なのです。

アルペでは6月7月8月を「記述」強化月間として、重点的に

鍛えることにしました。

丁度、週末に「日本漢字能力検定」も控えています。

語彙力をつけるとともに、文章を書くちからに繋げていきます。

お子さんの、日記帳や国語のテキストの記述力を、ぜひ一度確かめてみてください。

関連記事

  1. 夏期講座 はりきっています! Aターム特訓中!

  2. 適性検査に必要な学力とは?都立中に受かる子どもの特徴と準備すべき3つの…

  3. 8月13日 アルぺ夏期講座 Cターム最終日です・・・

  4. 「ありがとう」から広がる視野

  5. 「家族って素晴らしい」

  6. 9月11日 記述講座 新聞応募作品への取り組み

  7. 9月19日 記述力をあげるために……

  8. まったく書けない作文テーマに出会ってしまった時の対処法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。