5月26日 中学受験生 記述特訓!

今日は土曜日。
近所の小学校では、運動会。
今日は暑い日だったので、大変だったでしょうけど、
いい思い出になったことでしょう。

6年生の「記述特訓」が夕方にありました。
運動会後なのに、真っ赤に日焼けした顔をして、満面の笑みで
アルペにかけこんできました。

笑顔をみられる瞬間は、とてもうれしい気持ちになります。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

さて、今日は「法政大学中学校」の問題を使っての記述練習を
しました。

「物語・随筆」分野で「字数制限なし」の「記述」問題が「70点分(100点満点)」あります。

初めての子は、「得点に結びつく記述」ができません。

「物語・小説」なので、なんとなく、文章は読み取れる・・・。
でも得点に結びつく記述ができない、というのが受験生の多くです。

アルペのメンバーは6年生の早い段階で記述の訓練を始めています。

今日の出来具合は今の時期としては、なかなか良いです。

今日のテーマは「戦争話」。頻出の分野です。

いつも思うのですが、「物語・小説」をものにするには、
一般常識的な予備知識は重要です。

①戦争中は食糧難である。物資は非常に乏しい。
②子供でさえも、戦争の準備(工場での仕事や食糧確保のための畑仕事など)に
かかわっている。
③贅沢は敵!という考え方。実際に物資がない。
④戦争に協力的でないと「非国民」と呼ばれる。
⑤召集令状がくる。
⑥学童疎開している。
⑦夜になったら電気はつけない(敵に空爆されないため)

・・・などなど、基本的なイメージが出来ている子と出来ていない子では、
かなり差があります。

アルペでもその個人差によく悩まされます。経験を踏んでいくしかないのですが。

ぜひこの家庭でも話題を豊富にしたり、テレビの内容をきっかけに語り合ったり
する機会を増やしてくださいね!

アルペは6月初旬に「現代力検定」に参加しようと考えています。
塾生にはアルペが費用を負担して無料で受けてもらおうとおもっています。

時事問題にも敏感であってほしいと思います。

充実した夏をすごしましょうね!!!

アルペ高木

関連記事

  1. 3月11日 記述の重要性を6年生が語る!

  2. アルペ記述読解教室での辞書活用!

  3. サンタクロースは実現するのか?

  4. 5月6日 記述読解教室 学習成果発表会 大成功でした!

  5. 適正検査Ⅱの資料問題で使えるワンポイントテクニック

  6. 9月26日 記述講座での一分間スピーチ!

  7. 6月23日の朝日小学生新聞に掲載されます!

  8. プロスポーツマンから学ぶ、「反復練習」の重要性

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。