fbpx

ニュースレポート 2011年 7月号(整形済み)

未分類

性描写漫画 子どもに販売ダメ(5年 Hさん)

性描写漫画 子どもに販売ダメ
過激な性の描写のある漫画などを18歳未満の子どもに販売することができないように規制する、東京都の青少年健全育成条例改正案が13日、都議会総務委員会で可決されました。15日の本会議で成立すれば、来年7月から本格的にスタートします。改正をおしすすめる人たちは「子どもは本やビデオをまねしがちなので、ふれてよい情報を大人が見分けるべき」と考えています。一方、「規制の対象が広げられると、表現の自由をおかす恐れがある」という人もいます。
わたしはあまり性描写漫画を見ないのでどういうものか分からないけれど、今まで18才未満が見られるようにしてあったことにおどろきました。コンビニエンスストアにも、成年向けと書いてあるけれど、成年のふりをしていればかんたんに手をのばして買うことができてしまいます。だからそれに関しての規制はしっかりしないといけないと思いました。
 しかし漫画だけを規制してもインターネットでかんたんに見ることができるので、これらの策は、本当に効果があるのか疑問です。

「核戦争ノ―」忘れないで(6年 Yさん)

「核戦争ノ―」忘れないで
ロサンゼルス近郊に住む米国広島・長崎原爆被爆者協会会長、裾石和さんが十日、同近郊のパリセーズ高校で、自らの広島での被爆体験や放射線被害を生徒ら百数十人に語った。
裾石さんは日系二世と結婚して移住、米国で核の惨禍を訴え続けて四十年近く。昨年十一月、日本政府の非核特使に任命された。
裾石さんは、やけどや後遺症の苦しみを、写真を交えて説明。「核戦争したい?」と問うと、生徒らは一斉に「ノ―」。と答えた。
私は、この記事を読んで、裾石さんは、すばらしいな、と感じました。四十年近くもずーっとずーっと訴え続けてきてくれた、すごくすばらしい人だと思います。そして感謝します。
 戦争の日々は苦しかったと思います。思い出したくもないと思います。けれども、私達のためにつらい過去を思い出し、語ってくれました。すごく心強いです。私は、戦争の本をよく読むのでよくわかります。つらかった、苦しかった気持ちが…もう一度裾石さんに感謝します。ありがとう。

震災でアサリもストレス(6年 I君)

震災でアサリもストレス
福島県の沿岸で、二枚貝のアサリの模様に、東日本大震災の影響とみられる異変が起きていることが、東邦大学の大越健嗣教授らの調査でわかりました。9割の個体で殻の途中で溝ができ、それを境に色や模様が変わっていました。津波で環境が激変したことによるストレスが主因とみられています。
 しかし、大越教授は、「この現象そのものは、アサリの味や品質に影響はない。」と言っていました。
ぼくがこのニュースで考えたこと、それは、アサリにストレスという感情があったということです。人間は、ストレスがたまっても皮ふに変化はないけれど、アサリは変化していて不思議でした。
 なぜストレスがたまったか、ぼくの考えでは、住んでいた海の砂やどろなどの急な入れ替えでストレスがたまったと思います。人間と同じでストレスがたまると、気分が変になるから、早く海の水がきれいになったりしてストレスをなくしてほしいです。

CM自粛 誰が負担?(5年 Tさん)

CM自粛 誰が負担?
東日本大震災後、各企業は自社CMを、無料の公共広告を通じて啓発活動を行うACジャパンのCMに切り替えた。営利企業ではないACのCMなら震災後に放映されても不評を買いにくいと考えられたとみられる。ACのCMは震災から一週間後まで全CMの約八割を占め、三月末までに四万五千回放送された。多くの広告主は放送局に減額を求めている。だが、震災時のCMの取り扱いに関する明確なルールがない。日本アドバタイザーズ協会は「災害時などの広告料金の支払いに関するルールの必要性について提案する。」という。
私は、もしも災害時のCMに困ったら、前のCMを使わないのだろうと思いました。広告料金がかかるといっても、前と同じくらいの金額ではないかと思いました。そして、ACのCM以外のCMでも、私は別に気にしないと思いました。でも、四万五千回放送するとはすごいと思いました。私は、災害時の広告料金の支払いのルールをきちんとしていれば、今回のようなことは起きなかったのではないかと思いました。同じCMが何回も放送されるのは不評だったと思います。

ペットボトルで救助(5年 Y君)

ペットボトルで救助
和歌山県有田川町で、小学三年生の男子がため池に落ちる事故がありました。
 でも、騒ぎに気づいた近くに住む方が自宅にあった二リットルのペットボトル三本を池に投げ込み、男子はペットボトルにしがみついて岸にたどり着きました。男子は、おぼれて水を飲みましたが、元気だといいます。
 警察は、助けた方に感謝状を送るそうです。
ぼくは、ペットボトルで助けようとしたところがすごいと思いました。
 なぜ、ぼくがこんなにあたりまえなことがすごいと思ったかというと、もしぼくがその場にいたら、だれかに助けを求めるか、自ら水にとびこむからです。
 それに、おぼれている人がいたらそんな冷静な行動をとれないです。
 ぼくは今、学校でもそれを教わっているので、他のところでも役立てられたらなと思います。

運転開始したけれど…(5年 Tさん)

運転開始したけれど…
福島第一原発事故で出ている汚染水の処理の切り札の、汚染水浄化そう置が六月十七日夜、本格稼動を始めた。
 このそう置は、油分をとりのぞいてから、セオライト入りカートリッジでセシウムを取り除き、ほかの物しつも薬でとりのぞく。そしてたん水化し、一時的にタンクにためてから、一~三号炉に再注水する。
 だが、不安もある。試運転ではトラブルが続発したうえ、大量の汚泥の処理方法は決まっておらず、いまだ課題は残るままだ。
この出来事については、二つの見方ができると思います。一つは、『事故収束への進てんがある。』、もう一つは『いまだ三つの原子炉から高濃度汚染水が出ている』です。
 そして、これまで海水とダムからの淡水だったので、節水にもなると思います。
 しかし事故は収束していません。一こくも早く収束するよう祈るのみです。

ドイツやスイスが原子力発電所を停止(5年 Sさん)

ドイツやスイスが原子力発電所を停止
ドイツが十七基ある原発を二〇二二年にはすべて止める方針を打ち出しました。今止まっているのは八基です。また、スイスも同じように二〇三四年までに五基を止めます。
 二〇一一年一月時点で三十カ国四百三十六基が運転していました。そのうち、アメリカは百四基、フランスは五十八基、日本は五十四基です。
私はドイツやスイスはとても良いことをしていると思います。なぜなら原発は一番安く電気が作れるし、安定して電気が作れるのに、それをやめるのがすばらしいと思ったからです。ドイツはこの後自然エネルギーにたよっていくので環境にやさしいことをする国だと安心しました。原発大国のアメリカも半分に減らしたりすれば良いと思います。日本もどんなに安全な所でも何が起きるかわからないので、私は二〇五〇年には半分にしてほしいです。

仮説にコンビニ(6年 I君)

仮説にコンビニ
福島県第一原発事故で福島県川俣町山木屋地区から避難した住民が暮らす同町内の仮設住宅の敷地内に、コンビニエンスストア「ファミリーマート」の臨時店舗が出来る。住民の入居が始まる26日にオープンする。災害に伴う仮設住宅での開設はコンビニ大手では初という。同地区から避難した男性が店長を務め、約10人の店員も地区住民から優先的に採用される。
ぼくは、このニュースで思ったことは、コンビニの品を地方の避難所に送ったほうが良いということです。
コンビニのある仮設住宅に住んでいる人たちは、地方の避難所より食べ物が豊富になります。公平にちゃんと物資を送ってほしいです。けれど、仮設コンビニを地方の避難所にも作ってほしいです。そのためにぼくもぼ金をしたいです。

ネパール山中野草食べ十三日間(5年 Oさん)

ネパール山中野草食べ十三日間
ネパールの首都カトマンズの北方約五十キロのランタン国立公園で、山歩きに来ていた千葉県の女性が行方不明になりました。そして、七日に見つかり、十三日ぶりでした。
 女性は、生えていたタケノコや野草を食べ川の水を飲んでしのいだそうです。すると、ハイキングする人の声が聞こえ、「ヘルプミー」など助けを求め、保ごされたそうです。
 私はぎもんに思うことが一つだけあります。それは、どうして食べたり飲んだりしても良いと考えたかです。理由は、山にあるもので動物たちが水の中を通ったかもしれないからです。でも私の空想で、女性は、生き抜くための判断をしたのかなと考えました。
 私はこのニュースを読んで、「十三日ぶり」という文章におどろきを感じました。

ニュージーランド地震(5年 Y君)

ニュージーランド地震
ニュージーランドで22日午後0時51分に地震がありました。起こったのは、南島のクライストチャーチ付近でマグニチュード6.3の強い地震がありました。
 ジョン・キ首相は、23日の夕方に「死者65人にのぼり、さらに増える見通しだ。」と述べた。2日後の24日は、死者が98人に上りました。
 日本は富山の専門学校の学生たち、23人が被災しました。23日には、11人と連絡がとれていません。
ぼくは、このニュースを見て今回の地震は、前回の地震よりも0.7弱かったのに気がつきました。そこでしらべてみたら、前回の地震は深さ15m、今回の地震は深さ5mでした。今回の地震は浅かったからこんなに大きな被害を受けたのだと思います。
日本人の留学生たちがキングス・エデュケーションのビルに訳120人が取り残されていて地震から72時間もたっているのでかわいそうだなと思います。全員ぶじでいてほしいです。

アルペ記述読解教室の
無料体験授業を受けてみませんか?

アルペ記述読解教室で、好奇心旺盛な子どもたちと一緒になって、
これからの時代を生き抜くための力を養っていきましょう!

お問い合わせ・資料請求はこちら